設計監理料について


 計画初期の段階で資金計画が立てやすい床面積による算定方式で設計監理料を定めています。
(2014.11改定)

新築住宅・・・・・・6万円/坪(税別)

  ※最低料金は150万円(税別)とさせていただきます。
  例)床面積30坪(約100㎡)の場合・・・30坪×6万円=180万円(税別)

マンションリノベーション・・・・・・3万円/坪(税別)

  ※最低料金は60万円(税別)とさせていただきます。
  例)床面積18坪(約60㎡)の場合・・・18坪×3万円=54万円(税別)

一戸建てリノベーション・・・・・・3万円/坪+現状査定(税別)

  ※現状を確認の上、見積りいたします。
  ※最低料金は90万円(税別)とさせていただきます。

 ・部分リフォームの場合は現状及び内容を確認の上、見積りいたします。

 ・住宅以外の計画の場合は用途に応じて、その都度見積りいたします。

 ・確認申請図書作成業務、確認申請代行業務は設計監理料に含まれます。

 ・設計監理業務に係る交通費は設計監理料に含まれます。
  ※遠方の場合は実費をいただく事があります。詳細はご相談下さい。



 設計監理料は基本的には5回に分けてお支払いいただきます。
 ※支払い回数と時期は変更可能ですのでご相談下さい。

1回目・・・設計監理契約時 10%

2回目・・・基本設計完了時 20%

3回目・・・実施設計完了時 30%

4回目・・・上棟時     25%

5回目・・・竣工引渡し時  15%





 ・構造設計料(木造3階建てやSE構法、木造以外の構造では構造計算が必要となります。)費用は
  設計監理料の概ね10~20%が目安です。(構造種別や規模により異なります。)
  ※木造2階建ての住宅では特殊な構造や地下室がない限り構造設計料はかかりません。

 ・電気・設備設計料
  ※専用住宅の設計では電気・設備設計料はかかりません。

 ・確認検査機関に支払う建築確認申請手数料及び中間検査、完了検査手数料

 ・建築確認申請以外の各申請業務費用及び申請手数料
  ※長期優良住宅、フラット35等のご利用がある場合

 ・地盤調査費、敷地測量費